メニュー

大阪弁護士会訪問販売お断りステッカー

大阪弁護士会では、独自に「訪問販売お断りステッカー」を作成しました。
訪問販売などを「事前に断りたい」という消費者の方を支援するために作成したものです。

多くの自治体で「訪問販売お断りステッカー」が作成されていますが、弁護士会としては、全国初の取り組みになります。

訪問販売お断りステッカー

訪問販売お断りステッカーの効果は?

大阪府消費者保護条例では、ステッカーを貼った住居への訪問販売を禁止しています。

条例に違反した事業者には、大阪府から指導や勧告がなされ、これに従わない場合には、事業者名等の公表がなされることになっています。

【大阪府消費者保護条例】
第十七条(不当な取引行為の禁止)
事業者は、消費者との間で行う商品及び役務等の取引並びに物品の購入等に関し、次のいずれかに該当する行為であって規則で定めるもの(以下「不当な取引行為」という。)を行ってはならない。
一 消費者に対し、不実を告げ、誤信を招く情報を提供し、威迫し、心理的に不安な状態に
陥れる等の不当な方法で、契約の締結を勧誘し、又は契約を締結させる行為
【大阪府消費者保護条例施行規則】
第五条(条例第十七条の不当な取引行為)
条例第十七条の不当な取引行為は、別表の中欄に掲げる区分に応じ、それぞれ同表の下欄に定める行為とする。
別表(第五条関係)ト
拒絶の意思を表明している消費者に対し勧誘し、・・・若しくは電話をかける等の迷惑を覚えさせるような方法で、消費者の住居、勤務先その他の場所を訪問し、又は当該場所に電話をかける等により契約の締結を勧誘する行為

ステッカーを貼っておけばそれで安心?

残念ながらステッカーを貼ってもそれを無視して勧誘を行う悪質な業者がいます。
ドアをすぐに開けるのではなく、訪問の目的を確認し、不要なセールスであれば、断ることが大事です。

大阪弁護士会では、このような注意事項を、リーフレットにまとめ、ステッカーと一緒に配布しています。

「訪問販売お断り」リーフレットp1 「訪問販売お断り」リーフレットp2 「訪問販売お断り」リーフレットp3 「訪問販売お断り」リーフレットp4

どこで配布していますか?

  1. 大阪弁護士会では、消費者保護・消費者教育活動を行っており、その関連イベントで配布していく予定です。
  2. 個人でご入用の方については、1世帯につき最大2枚まで大阪弁護士会館7階人権課にて配布をしております。

また、本ステッカーの配布にご協力いただける自治会や町会等からのご要望にも応じます。詳しくは、次の窓口にお問い合わせください。

お問い合わせ先

大阪弁護士会人権課(消費者保護委員会担当事務局)
電話:06-6364-1227

ページトップへ