2010年2月24日 (水)

サッカーW杯

 

八十祐治と申します。

今年、4年一度のサッカーW杯が、南アフリカで開催されることは、ご存知の方も多いと思います。

 

サッカーW杯は、サッカー好きにはワクワクするイベントですが、サッカー好きの弁護士にとっては、もう一つワクワクするイベントが、今年の5月にトルコで開催されます。 

それは、2年に一度、世界各地で開催されている弁護士のサッカーW杯です。

 

参加チームは、ブラジル、ドイツ、イタリア、スペイン、オランダ、ルーマニア、フランス、スロベニア、ギリシャ、韓国、タイ、中国、トルコ、コートジボワール等、各国の弁護士で構成されるチームです。

 

2010年2月19日 (金)

トレーシーメソッド

はじめまして。
山本真子と申します。
ブログを書くのは初めてなので、何を書けばいいものかと悩んでいたのですが、日常の何でもないことを書いていこうと思います。
皆様よろしくおつきあい下さいませ。

 

さて、早速ですが、皆様何か体にいいことをなさっているでしょうか。
弁護士だけでなく、どなたにとってもやはり体が資本、健康を壊してしまっては何もできませんよね。
私の場合、最近、たるんだ体を引き締めるためと体力をつけるため、筋トレを始めました。
「トレーシーメソッド」というDVDを購入し、3日に一度はこのDVDに取り組んでいます(本当は毎日するように書かれているのですが、さすがにそれはしんどくて無理なのです(^_^;))。

 

2010年2月18日 (木)

裁判の傍聴

最近は裁判の傍聴に来られる方が増えました。

裁判員裁判の影響で裁判自体への興味や関心が増えているようです。

 

刑事事件と民事事件と比較すると、圧倒的に刑事事件の方がわかりやすいです。

刑事事件であれば、特にどの事件と選ばずに法廷に入っても、なんとなく事件の流れが理解できると思います。

 

刑事事件の場合、「新件」と表記されている事件で、被告人が罪を認めていて争いがない事件であれば、刑事手続きの最初から最後まで30分くらいで見ることができます。

 

通常は、裁判の手続きの中で出てきた証拠や被告人の発言、情状証人の発言などを裁判官が一定期間吟味して判決を書くので、その日のうちに判決まで言い渡すことは少ないです。

 

ただ、事件によっては、しばらく休廷(20分くらい)した後に判決が言い渡されることもあります。保釈されていない被告人にとってはその日のうちに結論がでるので、とてもありがたいです(判決の言い渡しは次回期日だと思って別の予定を入れているとちょっと困ることもあります)。

 

«  
  »
 
 
 
 
1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 

アーカイヴ

リンク

大阪弁護士会 総合法律相談センター
rss2.gif