弁護士の放課後 ほな行こか~(^o^)丿 http://www.osakaben.or.jp/blog/ ja 事前復興と持続可能なまちづくり~南海トラフ地震を見据えて~ http://www.osakaben.or.jp/blog/posts/130/entry/2539 <p>小職が所属する大阪弁護士会公害対策・環境保全委員会の委員らその他近畿弁護士会連合会内の委員らが、下記のシンポジウムを企画しています(主催:近畿弁護士会連合会)。</p> <p>ご興味、ご関心あられる方は是非ご参加ください。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p>・・・・・・・・・・・・・・・・・</p> <p>第34回近畿弁護士会連合会連合会大会シンポジウム第1分科会</p> <p>「事前復興と持続可能なまちづくり~南海トラフ地震を見据えて~」</p> <p>&nbsp;</p> <p>日時・場所:2019年11月29日(金)午前9時30分~午後0時30分</p> <p>ホテル日航奈良4階「羽衣」(〒630-8122 奈良県奈良市三条本町8-1)</p> <p>参加費用:無料[資料代1,000円]</p> <p>&nbsp;</p> <p> 大災害に見舞われたとき、持続可能なまちを再建できるか。その成否は住民の意見の反映にかかっています。</p> <p> 南海トラフ地震の発生確率は今後30年間に70~80%とされ、地震と津波による甚大な被害が予想されています。近畿地方も例外ではなく、官民問わずあらゆる場でその対策が喫緊の課題となっています。災害から逃れられない以上、速やかな復旧・復興に力点が置かれることは必然です。</p> <p> ところが、実際には自然災害が起きてから復旧事業を急ぐあまり、自然環境への配慮を欠き、あるいは住民の意思を取り入れずに復興事業計画が立てられ、東北沿岸部で建設された防潮堤のように後に深刻な課題を残す例が繰り返されています。被害発生後の限られた時間の中で、長期的な環境配慮や住民の意見反映を尽くした計画を立案することは困難です。</p> <p> そこで、災害が起きる前から、持続可能なまちづくりや地域社会のあるべき姿を素描し、それを実行することで災害に備える取り組み、いわゆる「事前復興」の中に住民の意見を反映するカギがあると考えます。</p> <p>本シンポジウムでは、事前復興の実践を探り、南海トラフ地震等に備える制度提言をしたいと考えています。ぜひご参加ください。</p> <p>&nbsp;</p> <p>基調報告 呉 明浩 (大阪弁護士会 弁護士)</p> <p>基調講演 牧 紀男 氏(京都大学防災研究所 教授)</p> <p>パネルディスカッション</p> <p>パネリスト </p> <p>牧 紀男 氏(京都大学防災研究所 教授)</p> <p>大星 好史 氏(和歌山県美浜町役場防災企画課課長)、</p> <p>田中 保三 氏(認定NPO法人まち・コミュニケーション理事、元御蔵通5・6・7丁目町づくり協議会 会長)</p> <p>津久井 進 氏(兵庫県弁護士会 弁護士)</p> <p>コーディネーター</p> <p>白倉典武(大阪弁護士会 弁護士)</p> <p>&nbsp;</p> <p>本イベントに関するお問合せ先</p> <p>大阪弁護士会 委員会部人権課(TEL 06-6364-1227 FAX 06-6364-7477)</p> <p>&nbsp;</p> <p>【大阪弁護士会ホームページ】</p> <p><a href="http://www.osakaben.or.jp/event/2019/2019_1129.php" title="http://www.osakaben.or.jp/event/2019/2019_1129.php">http://www.osakaben.or.jp/event/2019/2019_1129.php</a></p> <p>&nbsp;</p> http://www.osakaben.or.jp/blog/posts/130/entry/2539#comments Mon, 07 Oct 2019 20:51:13 +0000 046690 2539 at http://www.osakaben.or.jp/blog ラグビーW杯 http://www.osakaben.or.jp/blog/posts/115/entry/2538 <p>ついに日本でのラグビーW杯が開幕し、先週土曜には何と世界ランク2位のアイルランドに日本代表が勝利。大金星を挙げました。</p> <p>ということで日本中が大いに沸いているW杯の真っ最中にブログの執筆が回ってきた私としては、平昌五輪のフィギュアスケート、サッカーのW杯に続いて大イベントの記事を書けるチャンス、なのですが、残念ながらラグビーは前の2競技ほどは見ていない(今回も今日現在まだリアルタイムで見ていない)ので、観戦記というのは書けません。そこでここでは、なぜ私はサッカーや野球ほどの関心をラグビーに対し持てないのか、について書くことにします。</p> <p>&nbsp;</p> <p>まず第一に、ラグビーはサッカーに比べ、日本代表が勝てるチャンスが乏しいと思っていたことがあります。</p> <p>ただ、これは10年前のことで、前回のW杯からは日本代表の実力向上は目覚ましいものがあり、だからこそアイルランドに勝てたのです。</p> <p>&nbsp;</p> <p>もともと、日本代表が勝てるチャンスが乏しいというのは、ラグビーは格闘技であり、体格がものをいう競技であり、日本は体格面でどうしても見劣りしていました。また、ラグビーは、サッカーのようなロースコアゲームではなく、ハイスコアゲームであるので、ジャイアントキリングが起こる可能性が少なく、日本が強豪チームに勝つ可能性は非常に低いということも言えました。</p> <p>&nbsp;</p> <p>しかし、今の日本代表は体格面で見劣りしないようになりました。またこれは検証していないのですが、今大会は全般的にスコアが低くなってきている気がしています。アイルランド戦のスコアはあまり高いものではありませんでした。そのような要素が、日本代表の今回の活躍に繋がったと考えられます。</p> <p>&nbsp;</p> <p>第二に、個人的には、サッカーと違ってラグビーの場合、ゴールキーパーがいないこともあり、日本人が何より大好きな、「たった一人で敵に立ち向かう(そして力尽きて倒れる)場面が見られないことが、ドラマ性を欠くのではないかと感じてもいます。</p> <p>&nbsp;</p> <p>この、「たった一人で敵に立ち向かい力尽きて倒れる」がしばしば見られるのが野球で、特に高校野球などで絶対的エースと貧打のバックというチームが甲子園に出てきた日には、このドラマがよく見られます。ただ高校野球は近年投げすぎが批判されるようになり、今後は悲劇のエースも少なくなっていくのでしょう。</p> <p>プロ野球でもそういうケースはたまにあり、かなり古い話で恐縮ですが1983年の西武対巨人の日本シリーズにおける、巨人の西本がその典型として挙げられると思います。</p> <p>&nbsp;</p> <p>サッカーもW杯などを見ていても、強豪チームはキーパーがあまり目立たないのに比べ、日本の場合はシュートが山ほど飛んでくるので「たった一人で敵に立ち向かう」感があり、しばしば感動を呼びます。</p> <p>ラグビーにはこの、弁慶の立ち往生以来、日本人に受け継がれた悲劇の要素がないように思います。</p> <p>&nbsp;</p> <p>ラグビーW杯のことを書こうと思ったら、ラグビーにないものを書いてしまうことになってしまいました。ここで日本代表頑張れ、というと、何を今更感もあるのですが、でも頑張って1次リーグを突破してほしいと思っています。本当です。</p> http://www.osakaben.or.jp/blog/posts/115/entry/2538#comments あれこれ Thu, 03 Oct 2019 09:19:58 +0000 023707 2538 at http://www.osakaben.or.jp/blog 新潟のそば畑 http://www.osakaben.or.jp/blog/posts/93/entry/2537 <p>この3連休、たまりにたまった仕事にきつく蓋をして、新潟に旅行に行ってきました。<br /> 目的地は六日町の温泉だったのですが、行く道中、小千谷のそば畑が有名だというので、立ち寄ってみました。</p> <p>&nbsp;</p> <p>そばは食べるし、そば殻の枕も使ったことがあるけれど、言われてみれば恥ずかしながらそばの花はみたことがない&hellip;</p> <p>&nbsp;</p> <p>白くてキレイだよ~と地元のおばあさんに案内されてついたのがこちら。</p> <p><a href="http://www.osakaben.or.jp/blog/imce?app=nomatter|imceload@imceInlineImceLoad#" title="テキストエリア へ送る"><img alt="sobatian_.jpg" src="http://www.osakaben.or.jp/blog/sites/default/files/u4/sobatian_.jpg" /></a></p> <p>めちゃくちゃキレイな花畑が広がっていました。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p>山の上から見ると、刈る前の田んぼは黄金色、刈田が茶色、そば畑が黄緑色、と地面がきれいなパッチワークのようになっているのもまた素敵でした。</p> <p>新潟は広いのでまだまだ開拓のし甲斐がありそうです。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> http://www.osakaben.or.jp/blog/posts/93/entry/2537#comments 旅行・出張 Tue, 17 Sep 2019 12:44:00 +0000 046683 2537 at http://www.osakaben.or.jp/blog 東洋のナイアガラ http://www.osakaben.or.jp/blog/posts/219/entry/2536 <p>大分県にある原尻の滝、ご存じですか?</p> <p>今年の夏は大分県に旅行に行き、この原尻の滝に行ってきました。</p> <p>&nbsp;</p> <p>とりあえず宿だけ予約してどこに行くかは現地で決めようという気ままな旅だったのですが、グーグルで大分県の観光名所を検索していると、</p> <p>&nbsp;</p> <p>東洋のナイアガラ</p> <p>&nbsp;</p> <p>というなんともキャッチーな文字が目に留まりました。</p> <p>数年前に本場のナイアガラを訪ねた時の感動が忘れられなかった私は、すぐにこの「東洋のナイアガラ」に行くことを決めました。</p> <p>大分市内から車で走ること1時間程度、「原尻の滝」の看板は出てきたのですが、ナイアガラで聞いたゴーッという水の流れる音は聞こえず、水しぶきも見えません。</p> <p>東洋のナイアガラなんて地元の人が観光客誘致のために大げさに名付けただけじゃないか、こんな疑念も頭をよぎっていました。</p> <p>ところが、、、</p> <p>いざ近くまで行ってみると、まるでカーテンの様に流れ落ちるスケールの大きな滝が見えるではありませんか。もちろん規模は本場のナイアガラにはかないませんが、その雰囲気はまさに東洋のナイアガラというにふさわしいものでした。</p> <p>さらに嬉しいことに、近くに吊り橋が架かっており、そこから眺める滝もまた風情がありました。</p> <p>旅行では他にもいくつかの場所を訪れましたが、ここが一番印象に残っています。</p> <p>&nbsp;</p> <p>国内にもまだまだ素敵な場所があるじゃないか、と改めて感じさせてくれた夏の旅行でした。</p> <p>東洋のナイアガラ、おすすめです!</p> http://www.osakaben.or.jp/blog/posts/219/entry/2536#comments 旅行・出張 Tue, 10 Sep 2019 07:24:54 +0000 039015 2536 at http://www.osakaben.or.jp/blog 法律相談のススメとアドバイス http://www.osakaben.or.jp/blog/posts/218/entry/2535 <p>令和元年</p> <p>&nbsp;</p> <p>今や、インターネットであらゆることを調べられる便利な時代になりました。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p> ただ、残念ながら、ネット上の情報には、</p> <p>&nbsp;</p> <p>法律問題に関するものに限らず、</p> <p>&nbsp;</p> <p>不正確なものや明らかに間違っているものも散見されます。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p> 特に、法律や制度は、日々変りゆくものであるため、</p> <p>&nbsp;</p> <p>過去の情報は当てにならないことも多々あります。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p> 近所の美味しいフレンチを教えてくれるAIも、</p> <p>&nbsp;</p> <p>「あなたの今の状況やご希望に基づけば、どのような法的手段を取るべきか」</p> <p>&nbsp;</p> <p>については、今のところ答えてはくれません。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p> それぞれの事案に応じた個別の事情を基に判断を要する法律問題において、</p> <p>&nbsp;</p> <p>ネット上の情報などから安易に判断するのは、非常に危険です。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p> そのため、法律問題でお困りの場合には、インターネットやAIに頼るのではなく、</p> <p>&nbsp;</p> <p>是非、我々弁護士にご相談ください。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p> もし、知り合いの弁護士がいないとしても、大丈夫です。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p> 大阪弁護士会や法テラス、各自治体の法律相談など、</p> <p>&nbsp;</p> <p>法律相談は意外と皆様の身近で行われています。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p> お困りの際は、一度、大阪弁護士会のサイトや、</p> <p>&nbsp;</p> <p>お住まいの自治体のホームページ等をご覧ください。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p>ところで、折角、法律相談に来て下さったのに、</p> <p>&nbsp;</p> <p>「結局、どうしようもなかった」</p> <p>&nbsp;</p> <p>「聞きたいことが聞けなかった」</p> <p>&nbsp;</p> <p>「情報が不足していてわからないと言われた」</p> <p>&nbsp;</p> <p>となるのは、非常に残念です。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p> そこで、私が個人的に思う</p> <p>&nbsp;</p> <p>「法律相談の機会を有効活用するために重要なポイント」</p> <p>&nbsp;</p> <p>をいくつかご紹介したいと思います。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p><その1 「とにかく早く」></p> <p>&nbsp;</p> <p>法律問題において、早めに対処するべきケースは多いです。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p> 例えば、時効により、本来できたはずの請求ができなくなってしまうケースがあります。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p> また、相続事件でも、ご存命の内に遺言書を作成するなどの対策をしていれば、</p> <p>&nbsp;</p> <p>スムーズに相続手続を進められたのに&hellip;&hellip;</p> <p>&nbsp;</p> <p>と悔やまれるケースも、見受けられます。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p> 人間関係がこじれないうちにきちんと合意書等を作っていれば、</p> <p>&nbsp;</p> <p>大きな問題にはならなかっただろう&hellip;&hellip;</p> <p>&nbsp;</p> <p>というケースも多々あります。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p> とにかく、早めの対処という点では、風邪と同じです。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p> 予防していても、たまに風邪をひいてしまうのは仕方がないことですし、</p> <p>&nbsp;</p> <p>同様に、気を付けていても、法律問題に巻き込まれてしまう場合もあります。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p> ただ、</p> <p>&nbsp;</p> <p>「おかしいな?」「ひどくなるかな?」</p> <p>&nbsp;</p> <p>と思ったら、こじらせる前に、</p> <p>&nbsp;</p> <p>できるだけ早めに対応していただきたいのです。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p> 逆に、法律問題が風邪と違うのは、</p> <p>&nbsp;</p> <p>日常的に生じるものではなく、身近に相談できる人もいないため、</p> <p>&nbsp;</p> <p>対処法が分からずに</p> <p>&nbsp;</p> <p>「まずいかな~。何とかした方がいいのかな~。」</p> <p>&nbsp;</p> <p>と思いつつ放置してしまいがちであることです。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p> 放置すると、先ほど述べたように、</p> <p>&nbsp;</p> <p>取り返しのつかない事態にもなりかねません。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p>気がかりな問題があれば、早めにご相談いただくことをお勧めします。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p><その2 「時系列表を作る」></p> <p>&nbsp;</p> <p>弁護士が、法律相談を受ける際、相談者の方からお聞きするのは、</p> <p>&nbsp;</p> <p>主に、「いつ、だれが、どこで、何をした」という事実です。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p> 弁護士は、現実に起こった事実を、</p> <p>&nbsp;</p> <p>「法的にどのように評価できるのか」</p> <p>&nbsp;</p> <p>を考え、相談者の方の状況を法的に分析します。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p> 事実の経緯は、通常、時系列に沿ってお聞きしますが、</p> <p>&nbsp;</p> <p>自分が経験した事実を、時系列に沿って淡々と説明するのは、</p> <p>&nbsp;</p> <p>意外と難しいように思います。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p> つい、自分の感想や、感情を交えて話をするうちに、</p> <p>&nbsp;</p> <p>些末なことなんかも含めて、事細かに話してしまうのではないでしょうか。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p> 時間が十分あればよいのですが、</p> <p>&nbsp;</p> <p>法律相談は、20~30分と短時間なことも多いため、</p> <p>&nbsp;</p> <p>ポイントを絞って説明していただく必要があるのです。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p> そこで、法律相談に行かれる前に、</p> <p>&nbsp;</p> <p>関連する事実を時系列に沿ってまとめた</p> <p>&nbsp;</p> <p>ノートやメモを作ることをお勧めします。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p> そのような時系列表があれば、その表に書かれている事実を前提に、</p> <p>&nbsp;</p> <p>重要なポイントに絞ってお話し聞かせていただくことができるため、</p> <p>&nbsp;</p> <p>弁護士は、短時間で、皆様の状況を把握しやすくなり、</p> <p>&nbsp;</p> <p>事情を十分お聞きした上で、</p> <p>&nbsp;</p> <p>皆様にアドバイスすることができるようになります。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p> 特に、経緯が複雑で、説明する自信がないような場合には、</p> <p>&nbsp;</p> <p>自分の頭の整理にも役立ちますので、</p> <p>&nbsp;</p> <p>是非、一度、時系列表を作ってから相談にいらしてください。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p> また、同様に、関係者多数の場合には、</p> <p>&nbsp;</p> <p>人物関係図を書いて説明していただけると、</p> <p>&nbsp;</p> <p>わかりやすくてありがたいです。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p><その3 「関係書類等は全て持って行く」></p> <p>&nbsp;</p> <p>契約書などがあれば、契約条件などが一目でわかります。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p> 相手方からの請求書や通知書があれば、</p> <p>&nbsp;</p> <p>相手方の主張や相手方の求めている内容が分かります。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p> このように、書類からは重要な事実が分かることが多いので、</p> <p>&nbsp;</p> <p>必ず、関連する書類は全て、法律相談に持って行くようにしてください。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p> また、書類は、重要な証拠となるケースも多いです。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p> そのため、こちらの主張を裏付ける証拠書類があった場合、</p> <p>&nbsp;</p> <p>弁護士は、最終的に裁判になった時のことを見越し、</p> <p>&nbsp;</p> <p>「裁判になっても認められそうだな」</p> <p>&nbsp;</p> <p>という前提で、今後の対応をアドバイスをすることができます。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p> 逆に、証拠書類だけでは不十分な場合、</p> <p>&nbsp;</p> <p>新たに証拠を集める方法などもアドバイスすることができます。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p> 最近は書面よりも、</p> <p>&nbsp;</p> <p>メールやライン等で重要なやり取りがされることも多いので、</p> <p>&nbsp;</p> <p>その場合には、相談中に携帯で見られるよう事前に準備しておくか、</p> <p>&nbsp;</p> <p>印刷してお持ちいただくとよいと思います。</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p>&nbsp;</p> <p>以上、皆様に法律相談を有効活用していただければと思い、</p> <p>&nbsp;</p> <p>書かせていただきました。</p> <p>&nbsp;</p> <p> よろしければ、参考になさってください。</p> http://www.osakaben.or.jp/blog/posts/218/entry/2535#comments 法律問題 Mon, 09 Sep 2019 00:46:56 +0000 056732 2535 at http://www.osakaben.or.jp/blog