大阪弁護士会 会員検索サービス
 

検索結果
藤本 一郎 (ふじもと いちろう)
だいち法律事務所
 
住所

〒5300047
大阪市北区西天満4−11−22 阪神神明ビル601号
地図(Google Maps)


 
TEL 06-6311-2211  FAX 06-6311-2202 
登録年 1999年  修習期 51期 

メールアドレス i-fujimoto@mbj.nifty.com  
HPアドレス https://daichi-lo.com/  

プロフィール 1972年生まれ 男性
出身地:山梨県富士吉田市
出身校:立命館大学
執務日・執務時間 月〜金 AM9:30〜PM5:00 
紹介 不要 
重点取扱分野 交通事故その他の事故
自由文 だいち法律事務所は、交通事故によって高次脳機能障害・遷延性意識障害・脊髄損傷などの重度の後遺障害を負われた方(後遺障害事案)、ご家族が亡くなられた方(死亡事故)のサポートを専門としている法律事務所です。
交通事故の発生直後から損害賠償の解決に至るまで、被害者やそのご家族が直面する以下に記載した法的問題に対応しています。
・ 加害者の刑事手続に関する対応(被害者参加手続などを含む)
・ 後遺障害に関する資料の準備
・ 自賠責保険の請求手続(異議申立などを含む)
・ 損害賠償請求手続(示談・訴訟)
・ 労災保険の請求手続
・ 障害基礎年金・障害厚生年金の請求手続
・ 成年後見手続
分野別登録弁護士
登録分野 交通事故
受講研修
受講日 受講研修名
2017/04/28 民事交通事件における実務上の諸問題について
2018/10/29 物的損害に関する研修
2019/11/21 交通外傷による高次脳機能障害
実務経験
実務経験1 手続き 訴訟
事件の種類 人身事故
立場 被害者
事案の概要 信号機の設置されている交差点において、青信号に従って横断していた自転車と青信号に従って左折していた自動車による事故。被害者は、遷延性意識障害という重篤な後遺障害を残し、将来の介護費、将来の治療費、過失割合、近親者の慰謝料などが争われた事案。
実務経験2 手続き 訴訟
事件の種類 人身事故
立場 被害者
事案の概要 信号機の設置されていない交差点において、横断中の歩行者に直進してきた自動車が衝突した事故。被害者は、重度の高次脳機能障害を残し、将来の介護費、逸失利益、過失割合、近親者の慰謝料などが争われた事案。
実務経験3 手続き 示談交渉
事件の種類 人身、物損双方
立場 被害者
事案の概要 信号機の設置されていない交差点において、直進していた原動機付自転車と自動車が出会い頭に衝突した事故。被害者は、高次脳機能障害を残し、将来の介護費、逸失利益、過失割合などが争われた事案。



■ 著作権について
本ホームページの会員情報(データベース)に関する著作権は、大阪弁護士会に帰属しております。複製、転載、公衆送信等一切の行為を行うことはできません。
大阪弁護士会 〒530-0047 大阪市北区西天満1−12−5
このサイトについてプライバシーポリシー
Copyright 2006 Osaka Bengoshi Kai.
All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.