大阪弁護士会の活動

会員への苦情

セクハラ・性別による差別的取扱い

大阪弁護士会の弁護士によるセクシュアル・ハラスメントや性別による差別的取扱いがあった場合は、一人で悩まないで相談員にご相談ください!

大阪弁護士会では、「性別による差別的取扱い等の禁止に関する規則」を定め、会内のセクシュアル・ハラスメントおよび性別による差別的取扱いの発生を未然に防止するとともに、万一、問題が生じた際にも、被害者のプライバシーを保護しながら、適切にこれに対処することができるよう、専門の「相談員」が相談をお聴きします。

セクシュアル・ハラスメント(セクハラ)とは?
性別による差別的取扱いとは?
  • セクシュアル・ハラスメント=「他人に不快感を感じさせる性的な言動をすること」
  • 性別による差別的取扱い=「生物学的又は社会的な性差を理由として差別的な取扱いをすること」
大阪弁護士会の「苦情相談」の対象

 セクハラ相談一般ではなく、下記の範囲に含まれるものに限定しています。一般のセクハラ相談は、大阪弁護士会総合法律センターの法律相談をご利用下さい。

大阪弁護士会総合法律センター

  1. 大阪弁護士会に所属する「弁護士」によるセクハラおよび性別による差別的取扱い
  2. 大阪弁護士会の「弁護士会活動」関連するセクハラおよび性別による差別的取扱い
    例)大阪弁護士会が主催する法律相談やシンポジウム、講演等に関連した行為
  3. 大阪弁護士会の「会員の職務」に関連するセクハラおよび性別による差別的取扱い
    例)大阪弁護士会員の法律事務所で行われた行為(事務職員によるセクハラも含む)

対象に当たるか分からない場合は、まずはご相談ください。

相談の流れ
相談の流れ図

相談員名簿

モバイル版相談員名簿はこちらのQRコードから
QRコード

秘密の保持

相談者名や相談の具体的な内容は、担当相談員、調査委員および大阪弁護士会会長が把握し、正当な理由なく開示され、第三者に知られることはありません。

また、担当の相談員が「自分の事務所の弁護士と知り合いかどうか心配だ。」という場合には、お問い合わせの際にご相談下さい。

セクハラおよび性別による差別的取扱いを受けられた方へQ&A
Q. 法律事務所の事務員ですが、弁護士から繰り返し食事に誘われ、事務所の忘年会の後には「ホテルに行こう」と誘われました。どのように対処すれば、良いでしょうか。また、このことを弁護士会に相談することで、相手方に話がいき、嫌がらせを受けないか不安なのですが…
A. 執拗に食事に誘う行為や,「ホテルに行こう」と言い性的な関係を求める発言をすることは、セクシュアル・ハラスメントになりうる行為です。
セクシュアル・ハラスメントは、無視をしていたり、受け流しているだけでは多くの場合状況が改善しません。
ためらわずに相談員にご相談ください。相談する場合は、まず「相談員名簿」(リンクをはる)に記載された相談員(弁護士)の中から、1名を選んで直接連絡をして下さい。相談員は、秘密保持義務(性別による差別的取扱い等の禁止に関する規則13条)を負っていますので、正当な理由なく、相談内容を外部に漏らすことはありません。
相手方が、あなたが弁護士会に相談をしたことを知り、嫌がらせをすれば、その行為自体も指導や懲戒請求などの対象となる許されない行為です。悩んでいるのならまずご相談ください。
Q. 私は修習生です。大阪弁護士会所属の弁護士の事務所で就職活動をした際に、面接で「子どもは産まないか」「彼氏はいるのか」「結婚する予定はあるのか」などという質問を受けました。また、面接の後、食事会があったのですが、「うちの事務所は、女性を採用しているが、女性弁護士には重要な仕事は任せられないから、重要なクライアントや破産管財事件には女性は入れない。」と言われました。非常に不愉快な気持ちがしたのですが、どこに相談をすれば良いでしょうか。現在、京都で修習をしているのですが、大阪弁護士会に相談できますか。
A. 弁護士の募集や採用にあたって女性について未婚者であることや子を有していないことを条件としたり、条件を満たすものを優先して募集・採用することは、性別による差別的取扱いになりうる言動です。また、採用面接において、結婚の予定の有無、子どもが生まれた場合の継続就労の有無等を質問することも性別による差別的取扱いになりうる言動です。さらに、業務の分担に当たって、女性弁護士に特定の事件を分担させないことも性別による差別的取扱いになりうる言動です。
大阪弁護士会では、性別による差別的取扱いについても、セクシュアル・ハラスメントと同様、相談を受け付けています。相談者には、修習生やロースクール生を含みます。また、修習生については、当会で修習をしているか他会で修習をしているかを問いません。
相談の際は、「相談員名簿」に記載された相談員(弁護士)の中から、1名を選んで直接連絡をして下さい。相談員は、秘密保持義務(性別による差別的取扱い等の禁止に関する規則13条)を負っています。相談員が,正当な理由なく、相談内容を外部に漏らすことはありませんので,就職活動中の事務所に情報が漏れ不利益に取り扱われることはありません。安心してご相談ください。
ページトップへ