私たちの活動

講師派遣/弁護士派遣事業

法教育活動

大阪弁護士会 学校向け法教育プログラム(有料)のご案内

無料のプログラムはこちらをご参照ください

法律について学ぶこと、法的なものの考え方について学ぶことは、生徒が今後学校や社会で自律的市民として活躍していくために大変重要なことです。また、一般市民の方が刑事裁判手続きに参加する裁判員制度が始まり、生徒が将来直面する可能性のある「人を裁く」ことの難しさを認識したり、刑事裁判の基礎的な理念をあらかじめ学ぶ機会が是非とも必要となっています。国もこのような現実を踏まえ、学習指導要綱において法教育の重要性を意識した記載をしています。

大阪弁護士会では、平成10年以来、大阪府下の多数の小中高校に出張して、授業や模擬裁判の指導を行ってきました。

現在では、以下の要領で法教育に関する各種授業や模擬裁判指導を実施いたしております。是非ご利用ください。


授業として行ないます

原則として、弁護士が学校に出向き、各教室内で授業を行う形で行ないます。
1クラスを1人の弁護士が受け持ちます。複数のクラスで同時に授業を実施する場合は実施クラス数に応じた講師数で伺います。

講堂等で複数のクラスの生徒を集めて一人の弁護士が講演する場合は含みません(別途、大阪弁護士会の講師派遣の手続でお申し込みください)。

コース内容

  1. 「法むるーむ」出張授業
    1講師対1クラスの講義形式で、法律問題や弁護士に関するテーマの授業を行います。(テーマ)
    刑事(少年事件含む)事件、交通事故、消費者、家族、男女、労働問題など。広くご希望に応じます。
    (実施時間)
    1時間(1コマ)から。
  2. 生徒参加型法教育授業
    生徒が役割を演じたり、実際に議論する生徒参加型の授業です。弁護士と教師が共同して事前に準備し、授業にあたります。
    (テーマ)
    現在のところ以下のコースで教材を用意していますが、これ以外のテーマでもご相談に応じます。
    • 刑事事件の模擬裁判(高校生向け)
      実際に起きた刑事事件をもとに、生徒が裁判官、原告代理人、被告代理人の立場に分かれて議論します。
      実施時間は3時間(3コマ)~4時間(4コマ)。これ以外に、弁護士と教師の事前打ち合わせが必要です。
    • 名誉毀損とプライバシー(中学生以上向け)
      インターネットの掲示板に誹謗中傷の書き込みがなされた事件を題材に、名誉やプライバシーと表現の自由について生徒が議論する形で授業を行います。
      実施時間は、2時間(2コマ)~3時間(3コマ)。
    • 「ローラーブレードはだめ?」(小学生向け)
      ローラーブレードを禁止する条例を作るにあたって、子ども、PTA、警察などいろいろな意見をもつグループに分かれ、ロールプレイしてもらいます。
      実施時間は1時間(1コマ)~2時間(2コマ)。
  3. 模擬裁判
    刑事事件のシナリオをもとに、生徒が裁判官、検察官、弁護士に分かれ裁判を実演します。弁護士と教師が共同して指導にあたります。授業に先立ち、実際の裁判傍聴を組み入れることも可能です。
    (実施時間)
    3時間(3コマ)~5時間(5コマ)

費用

派遣弁護士1人に対し、1時間につき10,800円をお支払い下さい。交通費は別途。予算に応じてご相談に応じます。

なお、原則として大阪府下の高校生を対象に、限定されたテーマで、定められた期間までにお申し込みいただいた場合は、無料の弁護士出張授業を行っております。こちらをご参照ください

申込方法

〒530-0047 大阪市北区西天満1-12-5
TEL:06-6364-1681 FAX:06-6364-7477
(大阪弁護士会 法教育委員会(担当事務局:委員会部 司法課 田中)
申込書(ここからダウンロード)をFAXでお送りください。

その他

なお、派遣弁護士の数の確保の都合上、ご応募いただいてもご依頼が特定の日に集中するなどの事情により、実施日の調整をお願いしたりご希望に応じられない場合もございますので、ご了承下さい。

以上

ページトップへ