多数のご応募ありがとうございました。

一般の部

  • 受賞者コメント

    18歳で成人といっても、まだ社会経験に乏しく、世の中には騙すのが目的の人がウヨウヨ。まだ仮免中の自覚を持って、まずは相談が大切と思います。

    選者コメント

    成年年齢の引き下げにおいて、変わることがたくさんあり、応募作品のほとんどがそういった内容を熟知しておられることにまず驚かされた。ひとつひとつを説明すればきりがないところ、総合的な状況判断を踏まえた、「仮免許」という表現がぴったりはまり、心に響いた。

  • 最優秀賞
  • メダル
    着物
  • 最優秀賞

    選者コメント

    祖父母からは、十年パスポートを取得できる孫へのエール。そして一緒に旅行できる喜びも感じられる。長生きへの励みにもなりそうである。

  • 最優秀賞

    選者コメント

    大人から見ればまだまだ危なっかしく見える18歳。親にすれば本当にまだまだ子供。でも、これからはそれでは通らないんだよという包容力を感じる。

  • 最優秀賞

    選者コメント

    大人から18歳への提言。ともかく聞く力、相談をしてほしいとの願いの作品。作品群の中には「報連相」の言葉も多く見られたがくれぐれも安易な契約はしないよう願う大人の思いである。

  • メダル
  • 契約に ついて行きたい 親心 みい
    まだ子ども 契約上は もう大人 河野 康子
    18歳 何でもできる 落とし穴 サスケ
    今日からは 自己責任で するサイン まろんママ
    権利義務 十八歳の 分岐点 土田 欣之
  • メダル

高校生の部

  • 受賞者コメント

    最優秀賞という素晴らしい賞を取ることができてとても嬉しいです。今回、これまで未成年として扱われてきた18歳・19歳の人たちの自己決定権の尊重の意味を込め、親元を離れて独り立ちをする雛に例えて川柳を考えました。

    選者コメント

    高校生の部では、高校生らしい純粋な期待と不安の交錯した作品が多く見られた。手放しで成人となることを喜ぶのではなく、自由、権利に伴う義務、責任感も十分理解されているように思えた。
    「ヒナのよう」の措辞は、あやふやな今の自分をしっかり見つめている、感性の光る句となっている。無事に巣立ち、大きく羽ばたいて欲しいと応援したくなる作品である。

  • 最優秀賞
  • メダル
    着物
  • 最優秀賞

    選者コメント

    まずメインテーマは選挙権。これからの日本をしっかり見つめ正しい判断を18歳に期待したい。

  • 最優秀賞

    選者コメント

    そして、今青春しているふたり、結婚だって二人の意思でできるようになり「恋」から「愛」に昇華させられる。

  • 最優秀賞

    選者コメント

    18歳になり出来る事、出来ないこと、詳細にわたってはかなり難しい。
    それを、「知らないことが多すぎた」と正直に吐露している。私たち大人だって難しい。でもきっと、いろんなことを学んで素晴らしい大人になってくれることと思う。

  • メダル
  • 18歳 「同意」のボタン 重くなる 千葉県立幕張総合高等学校 ねこまろ
    気を付けて 自由の裏に ある危険 中村学園女子高等学校 さのたく
    宅配の ようにハンコを 押しちゃダメ 明星高等学校 ピロシ
    『まだ子供』 そんな言い訳 期限切れ 北海道札幌北高等学校 こめこぱん
    もう大人 言われるたびに 増す不安 大阪府立南高等学校 ゆず
  • メダル
全国の皆様より合計2400句
(一般の部1755句、高校の部645句)もの作品を
ご応募いただく結果となりました。
ご応募いただいた皆様、誠にありがとうございました。
札と筆

選考委員

片岡加代(一般社団法人全日本川柳協会 常任幹事)

大阪弁護士会正副会長
大阪弁護士会消費者保護委員会正副委員長・プロジェクトチーム座長

弁護士への法律相談のご予約は

予約受付時間:平日:9時~17時
       土 :10時~15時30分

06-6364-1248

18歳から22歳までの方を当事者とする
法律相談については30分無料となります!
(2025年3月末まで【延長の可能性あり】)