ある会合での席のこと。

「あなたが子どもの頃、憧れていた夢の職業は何ですか?」と聞かれた方が、「弁護士になりたかったです。今は全く違う職業ですが。」と答えられている場面に遭遇しました。

 

申し訳ございません、私、今は弁護士をしておりますが、思春期・青春期に弁護士になりたいとは露とも思っておりませんでした。

 

思春期・青春期の頃、ひっそりと私が温めていた夢がありました。

それは、「物書き」になることです。

小説家、脚本家などなど。

クリエイティブな文才がないにも関わらず、憧れておりました。

あまりにも無謀なので、誰にも言わず、ひっそりと、ノートに作品を書いては、懸賞に出し、落選をする。そんな繰り返しをしておりました。

たった一度ですが、佳作を頂戴して有頂天になったりもしておりました。

 

そして、「リーガルハイ」法律監修の際には、クリエイティブな世界との間接的な関わりを通して、昔の夢を思い出したりもしておりました。

 

で、そんな私の周りに「本物の」「物書き」が現れました。

 

まずは、万城目学さん。中学校・高校時の同級生ですが、「鴨川ホルモー」「プリンセストヨトミ」などの著書で、一躍、今や売れっ子小説家になられております。ただただ驚嘆するばかりです。

 

そして、最近、またもや現れました。

顧問先の会社の部長さんが小説をお書きになられて、なんと、出版までされました。

近藤五郎さんです。時代小説をお書きになられました。

「なにわ万華鏡-堂島商人控え書」(富士見新時代小説文庫)

http://www.kadokawa.co.jp/product/321411000025/

幕末の動乱期の大坂を舞台に、大鳥圭介、福沢諭吉などの歴史上の人物も登場させながら、大坂商人の矜持を描いている小説です。

 

内容もとても惹きつけられるものとなっており、仕事をしながら、ここまで書かれたことに本当に感嘆するばかりです。

 

さて、思春期・青春期に憧れていた職業ではありませんが(クライアントの皆さん、先ほどの会合でお答えになられた方、ごめんなさい)、夢を叶えられている方々との交流の中で、私は、そんな方々に恥ずかしくないよう、弁護士として、しっかりと精進せねばならないなと思う日々です。

返信

このフィールドの内容は非公開にされ、公表されることはありません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd> <span> <p> <br> <img> <iframe> <object>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

書式オプションに関するより詳しい情報...

CAPTCHA
自動入力による荒らしやスパムを防止するための質問です。
イメージ CAPTCHA
画像に表示されている文字を入力して下さい。

コメントは事務局による承認の後に掲載されます。

最近のコメント

«  
  »
 
 
 
1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
 
 

アーカイヴ

リンク

大阪弁護士会 総合法律相談センター
rss2.gif