2013年7月4日 (木)

「飛行機はなぜ飛べるか」

飛行機には年に10回以上乗るであろうか。でも,できることなら乗りたくない。理由は単純,落ちてしまわないか不安だからである。


酒を飲んで飛行機に乗り込み,すぐに眠ってしまえばいいのだが,仕事の時はそういうわけにはいかない。なぜ,巨大な鉄の塊に,あれだけの人と物を乗せて空に浮くのか,まったく不可解である。


その理由が分かれば不安が解消されるのではと考え,飛行機に関する本を買って読んでみた。「よくわかる最新飛行機の基本と仕組み(第2版)」という本である。

 

飛行機が空に舞い上がるためには,ジェットエンジンと翼が必要とのことである(ここは理解できる)。翼は,進行方向に対して上向きの角度(「迎え角」)がついており,翼の後方から斜め後方に噴出される気流の反作用によって,翼は上向きの力を得ている。

 

翼の形状は,上面がふくらんでいて,下面が平らになっており,翼の上面と下面の形状の違いから,翼の上面の空気が下面よりも若干早く流れ,これにより,流れる空気の圧力差が生じ,上向きの力(「揚力」)が生じるとのことである。揚力は翼面積と速度の2乗に比例するようである。


JALのHPによれば,ボーイング747の翼の面積は約500㎡,テニスコート約2面分,飛行機の重量は約350トンであるところ,翼の面積1c㎡あたり70gの圧力差が生じれば飛行機が飛べるとのこと。

 

よし,なんとなく理論は分かった。これで不安は解消されたに違いない。そう意気込んで,先週,福岡行きの飛行機に乗りこんだ。

 

しかし,ガタッと揺れた瞬間,もとどおり。生きた心地がしないまま,なんとか福岡到着。

理論じゃなくて,生理的,感覚的なものなのですね。暗示にかけてもらう必要があるかもしれません。

飛行機

私はお酒が飲めないので、くーっと飲んで、スヤスヤされている方が
うらやましいです。

私も飛行機は嫌いです。

理屈じゃないですよね。
感覚,感情の問題ですから。

宮崎へ行った際,
新幹線+在来線で宮崎入りし,
同期にあきれられました。

高知なんか,飛行機だととっても早いのは知っているのですが,
いやなものはいやですよね。

新しいコメントの投稿

このフィールドの内容は非公開にされ、公表されることはありません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd> <span> <p> <br> <img> <iframe> <object>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

書式オプションに関するより詳しい情報...

CAPTCHA
自動入力による荒らしやスパムを防止するための質問です。
イメージ CAPTCHA
画像に表示されている文字を入力して下さい。

コメントは事務局による承認の後に掲載されます。

最近のコメント

«  
  »
 
 
 
1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
 
 

アーカイヴ

リンク

大阪弁護士会 総合法律相談センター
rss2.gif