2010年7月6日 (火)

サイトウさんの取説

弁護士の齋藤優貴です。

さいとう・・・

何だか響きもぱっとしない、平凡な苗字です。

 

僕は日ごろから「齋藤」という画数の多い表記を用いていますが、高2の頃までは日常的に「斎藤」を使っていました。

 

「斎藤」から「齋藤」に変えたのは、高校の同じクラスにいたもうひとりのサイトウ君が僕よりも成績は下だったにもかかわらず日ごろから「齋藤」を使っていたことに対抗したという若気の至りと、大学入試やら何やらで戸籍上の正確な表記を使うべき機会も少なくなかったので、正確を期しておいて損はなかろうという判断によるものでした。

 

それからというもの、この画数の多さに苦労させられることもしばしばでしたが、今回は、そんなサイトウさんの(つまらない)悩みを通して、皆さんの業務や日常生活のお役にも立てればという実用的な(はずの)お話です。

 

ワープロソフトで「さいとう」と打ち込んで変換すると、「斎藤」「斉藤」「齊藤」「齋藤」など、様々な似ているような違うような漢字のサイトウが出てきます。

 

2010年7月3日 (土)

弁護士と体重

弁護士になって体重が激増している内田です。

少なくともこの半年で7キロ程度増えました。

弁護士になって調子にのってカロリーの高い食事(いわゆる,高級品)を食べていたわけでは決してありません。

睡眠不足のときに生命の危機を感じた僕の肉体がカロリーを欲し,大量に食料を摂取したからです。

 

僕自身は太りやすい体質のようでして,ロースクール時代も毎年冬の寒い時期に8キロくらいの皮下脂肪をため込んでいました。

春になり,薄着になると皮下脂肪によって形成された腹部の膨らみが目立ち始め,友人から

2010年7月2日 (金)

そら

最近のマイブームは、空を見ることです。


それまで、あまり気にしていなかったのですが、
何となく、朝空を見ると、同じ空のはずが、毎日、あるいは、時間体によって、全然表情がちがうことに気づきました。


特に好きなのは、よく晴れた朝、見渡すことと、夕方、六甲山に沈む夕日です。


同じ晴れた朝でも、遠くの方の山が、白みがかって見える日と、ちゃんと、緑っぽく見える日があります。


白みがかって見える時には、その原因は排気ガスです。いかに、大阪の空気が汚いかと実感してしまいますね。

 

 

写真は、以前、ある日の夕方、たまたま発見して、びっくりして、慌てて、iPhoneのカメラで撮ったものです。

 

夏の夕暮れはほっとするのに

冬が近づくと,夕闇の時間帯にやたらと心細く感じるのは

なぜなんでしょうか,なんて(*^_^*)。

事務所のデスクから振り返ると,夕焼けがあまりにきれいでした。

 

 

  大人になってからは,たとえば旅行に行ったとしても,

自分では写真をあまり撮らなくなりました。

 風景の一部を切り取ると,目で見た時に感じた

すばらしさが減っちゃう気がして。

ワールドカップで盛り上がっていますが,あまのじゃくなので違うことを書きます(しかもちょっとかしこぶって知ったようなことを書きます。ちなみに,あまのじゃくだけどミーハーなのでオランダ戦もちゃんと見てます。)。

 

最近のコメント

«  
  »
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
22
 

アーカイヴ

リンク

大阪弁護士会 総合法律相談センター
rss2.gif