店員らに土下座強要 撮影し友達に見せ回る (2014年1月18日掲載)

Q. 僕の友人が、一緒に入った牛丼屋でズボンにみそ汁をこぼされ、店員に土下座して謝るよう要求しました。最後には店長まで出てきて、みそ汁をこぼした店員と2人で土下座したのです。友人はその様子をスマートフォンで撮影し、友達に見せて回っています。こんなことをして大丈夫なのでしょうか。土下座強要の法律的な問題点を教えてください。

■名誉毀損罪や損賠請求の可能性


A. 最近流行したテレビドラマでも、主人公が敵役に土下座させるシーンがありましたね。僕も楽しんで見ていましたが、実際に人に土下座を強要すると、罪に問われてしまう可能性があります。
あなたのご友人のケースですと、まず名誉毀損罪に該当しそうです。土下座した写真を見せて回っているのであれば、店員らの社会的評価を害する事実を、不特定多数の人に認識させたことになるからです。起訴されて有罪になると、3年以下の懲役・禁錮または50万円以下の罰金を科せられます。
 実例もあります。昨年、洋服店の店員らに土下座を強要し、その写真をインターネット上に公開した女性が名誉毀損罪で略式起訴され、30万円の罰金刑に処せられました。略式でも起訴ですから、前科もつきます。
他に想定される罪として、強要罪も考えられます。この罪は相手を脅迫または暴行し、義務のない行為をさせた場合に問われます。例えば「痛い目に遭わせるぞ」とか「店の悪い評判をネットにばらまくぞ」と脅したり、相手の首をつかんだりして土下座させることなどが該当します。
先ほどの罰金刑になった女性も、最初は強要容疑で逮捕され、その後に強要については起訴猶予になった経緯があります。法定刑は3年以下の懲役で、罰金刑がありませんから、最悪の場合は実刑という重い結果になりかねません。
刑事責任だけでなく、精神的苦痛を理由に店員らに訴訟を起こされ、損害賠償を求められる恐れもあります。トラブルも病気と同じように早いうちに手当てすれば、大事を避けられるかもしれません。法律の専門家である弁護士にぜひ相談してください。

 <回答・東田展明弁護士(大阪弁護士会所属)>


※記事内容は掲載当時のものであり、現在の制度や法律と異なる場合もございます。

ページトップへ