成年年齢引下げ ~18歳になるあなたへ~

 2022年4月1日から民法が改正され、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられます。
18歳になったら「おとな」として扱われるのです。
未成年のうちは親が子どもを教育し、住む場所を決め、子どものための契約を代わりに行っていました。
これからは18歳になったら、自分のことは自分で決めて、自らの人生を、自らの選択で切り開いていくことができます。
しかしこれらの選択には責任も伴います。
大阪弁護士会では、これから成年になる皆さん、成年になったばかりの皆さんに、
知っておいて欲しいことをこのサイトにまとめました。
 さぁ、18歳からおとなの世界に飛び立ちましょう。

18歳のあなたが

できること
できないこと
親の同意なく契約をする
・携帯電話の契約をする
・クレジットカードを作る
・一人暮らしの部屋を借りる
・労働契約を結ぶ
煙草を吸う(20歳から)
結婚する
・男女ともに18歳から婚姻が可能に
(女性の婚姻年齢は16歳から18歳に変更されます)
お酒を飲む(20歳から)
次のような資格や免許を取得する
・公認会計士資格
・医師免許
・司法書士資格
・土地家屋調査士資格
・薬剤師免許など
次の公営競技の投票券を購入する(20歳から)
・競馬
・競輪
・オートレース
・モーターボート
家庭裁判所で自分の性別の取扱いを変更する手続をする
中型免許(20歳から)・
大型免許(21歳から)を取得する
10年間有効なパスポートを取得する
(5年間有効なパスポートの取得も可能です)
養子を迎える(20歳から)

成年年齢引下げに関するQ&Aはこちら

動画で解説
「18歳になったら」

  • ●「リボ払い」漫才編
  • ●「路上販売」コント編
  • ●「仮想通貨」コント編
  • ●「リボ払い」解説編
  • ●「路上販売」解説編
  • ●「仮想通貨」解説編

啓発ポスター

大阪芸術大学デザイン学科の尾山みなみさんに、成年年齢が18歳に引き下げられることによって、自分自身で決められることができる自由がある反面、それに伴い気を付けないといけないこともあるというイメージのポスターをデザインしていただきました。
成年年齢の引下げに関する啓発にぜひご利用ください。

ポスター画像をクリックすると、
画像データが開いてダウンロードして頂けます。

弁護士への
法律相談のご予約は
06-6364-1248

2022年3月まで(延長の可能性あり)
18歳から22歳までの方を当事者とする
法律相談については30分無料となります!

弁護士への法律相談のご予約は

予約受付時間:平日:9時~17時
       土 :10時~15時30分

06-6364-1248

18歳から22歳までの方を当事者とする
法律相談については30分無料となります!
(2022年3月まで【延長の可能性あり】)