私事で恐縮ですが、この度、新しく法律事務所を立ち上げました(といっても、正式な開業宣言を出せるタイミングがよくわかりません。最低限のことを揃えるのにまだまだバタバタしそうです)。


周りの方々に助けられ、概ね順調に進んだ開業準備ですが、敢えて細かいところに目を向ければ、それこそ枚挙にいとまがないほどのプチハプニングの連続でした(この手の作業にはつきものでしょうか?)。
それに、今後のことを考えると夜も眠れないほどの不安に駆られることもしばしばでした(もちろん、この不安とはこれからも付き合っていかなければなりません)。


そんな期待と不安とを頻繁に行ったり来たりする毎日を送っていると、ついついネガティブになってしまうことも多かったのですが、僕がいつも頼りにしている先輩にそんな話をしていると、最後には不思議と前向きな気持ちになれました。


その先輩は、僕が目の前の細かい作業やプチハプニングに辟易して愚痴っぽくなっていても、「いろいろ大変だろうけど、致命的なことは何も起こってないね。」とか、「悪い方向には行ってないよね。」といった言葉をかけてくれたのです。

2010年4月25日 (日)

我が家にて

 今月は、諸般の事情により、家にいる時間が多い。

 

 我が家には、妻1人と息子1人がいる。

 

 息子は、現在、8か月。

 

 お気に入りの絵本ひとつとってみても、読んだり(見たり?)、めくったり、噛んだり、叩いたり、破いたりと大忙しの毎日を送っている。

 

 つい昨日までできなかったことを翌日には容易にやってみせる彼の成長ぶりには驚くばかりだが、まだまだ駆け出し弁護士である自分の成長とダブらせてみてしまうこともしばしば。

 

 弁護士登録から2年ちょっと。

 

 育児書で2歳児の発達段階と特徴をみると、2歳児は第一反抗期ともいわれ、とにかくよく反抗する特徴があるとのこと。

 

2010年3月25日 (木)

信頼関係

弁護士になって2年数か月。弁護士になる以前に抱いていたイメージと違い、実務に就いてから意外に感じたことはいくつかあります(単に自分の不勉強、不見識のゆえですが・・・)。

 

最近のコメント

«  
  »
1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
 
 
 
 
 

アーカイヴ

リンク

大阪弁護士会 総合法律相談センター
rss2.gif