年末です。今週忙しいです。ブログ当番です。

私は、大阪弁護士会の高齢者・障害者総合支援センター(愛称「ひまわり」)に所属しています。

ひまわりでは、様々な活動を行っていますが、その中の一つに、地域包括支援センターや障害者相談支援事業所の職員の方々への法律支援事業があります。

現在、大阪府下16市町村及び大阪市内20区の地域包括支援センター及び大阪府下4市町村の障害者相談支援事業所と契約をしており、弁護士が事業所へ訪問して相談を行ったり、勉強会をしたり、また、電話やメールでの相談を行っています。

 ※地域包括支援センター

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/kaigo_koureisha/chiiki-houkatsu/dl/link2.pdf

 ※障害者相談支援事業所

先月23日(祝・木)に,

女子中高生向けシンポジウム「来たれ,リーガル女子!~女性の裁判官・検察官・弁護士の仕事と働き方って どんなんかな~」が大阪大学で開催されました。

 

当日は,晴天にも恵まれ,定員を超える223名の方に来ていただき,大変盛況となりました。

参加していただいた方からも,

「裁判官,検察官,弁護士について具体的なイメージを持つことができた。」,

「進路を考えるにあたって,具体的に,実際に働いている方の話を聞ける場は貴重だった。」,

「進路に迷っていたが,法曹に興味を持った。」,

「法学部や法曹について,いろいろな知識を得ることができたいい機会だった。」

「女性法曹は仕事が大変で家庭を持つことはできないというイメージがあったが,講師の皆さんのお話しから,女性も育児などとうまく両立して仕事をしていてポジティブに仕事ができると知ることができてよかった。」

等と大変好評いただき,シンポの趣旨を的確に受け止めていただき,ありがたく思っています。

近畿圏外である宮崎県,岡山県からも参加してくださった方がいて,とても嬉しかったです。

昨年度ご好評をいただいた小学生向けジュニアロースクール「ほうりつのがっこう」(下記URLに記事があります。)

http://www.osakaben.or.jp/blog/posts/155/entry/2341

 

今年度も行うべく準備をしております。

今年度の実施予定日は2018年(平成30年)3月28日。

 

先の話だと思っていたのですが、もう4ヶ月をきっております。

月日が過ぎていくのは早いものです。

 

イベントを行うためには準備が必要です。

来年の事を言うと鬼が笑うなんて言いますが、今からの準備でぎりぎり間に合うかというようなところなので、鬼には笑わせておくことにします。

 

今年度は刑事裁判を題材にしようということで、今、とりかかっているのがシナリオ作りです。

 

2017年9月26日 (火)

滑舌

去る9月11日に、MBSラジオ「弁護士の放課後ほな行こか~」(毎週月曜午後6時半OA)に出演させていただきました。

 

http://www.mbs1179.com/hona_p/1505058282.shtml

 

9月30日午後1時半からのシンポジウムの告知をかねて、成年年齢の引き下げに関する話題を木下裕一先生と一緒にお話させていただきました。

http://www.osakaben.or.jp/event/2017/2017_0930.php

 

これ、事前収録だったのですがとても緊張しました。

水野アナウンサーの問いかけに端的に答えなければという気持ちが強すぎて、収録後の事務所で「あぁぁぁぁぁぁぁ」と思い出しては悶絶していました。

 

最近のコメント

«  
  »
 
1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 
 
 
 

アーカイヴ

リンク

大阪弁護士会 総合法律相談センター
rss2.gif