高齢者・障害者総合支援センター(通称:ひまわり)運営委員会委員、弁護士 小谷(おだに)真由香と申します。

 

 現在、大阪弁護士会では、日本ライフ協会の経営破綻による被害者のために、電話相談を実施しています。

 日本ライフ協会は、身寄りのない高齢者の身元保証や日常金銭管理、葬儀の手配などの引き受けていました。

 会員契約を締結した高齢者は、多い人では入会金や会費名目で200万円を超える支払や、高額の葬儀費用を預けていました。

 

 ところが、この協会は預かった資金の運用に失敗し、事業閉鎖になってしまい、現在、大阪地方裁判所で、破産手続となってしまいました。

 そのため、会員になった方々が契約していたことは実行されませんし、葬儀のために預けていたお金も返還されないケースもあるなど、大きな被害を被ることとなりました。

 

 全国に2500人以上いると思われる被害者のため、大阪弁護士会では、電話相談を6月16日から開設しました。初日だけで46件、7月11日までで合計142件の相談が寄せられました。

 

最近のコメント

«  
  »
 
 
 
 
 
 
1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 

アーカイヴ

リンク

大阪弁護士会 総合法律相談センター
rss2.gif