2011年2月6日 (日)

弁護士は離婚の専門家?

こんにちは。

広報室の安若です。初投稿です。

 

1月26日から、地下鉄「谷町四丁目」駅のホームに大阪弁護士会の広告を掲出しました。

 

谷町四丁目駅の近くには、法務局、入国管理局、大阪府警本部、NHKのほか、大阪家庭裁判所があります。家庭裁判所には家事問題等(相続、離婚、少年事件)を抱えた方が訪れますので、そのうち「離婚」に絞った広告を出しました。

 

家庭裁判所側の階段から谷町線のホームに降りてきたところに、上下線に1枚ずつ、内容の異なるものを2枚出しました。(写真をご覧ください)

 

 

ブロガーの大和克裕さん、山田敬子さんと打ち合わせ、最終的にはプロのコピーライターにお願いしました。

特定分野に限定し、それにかかわる場所に広告を出す試みは、大阪弁護士会としては初めてです。

 

掲出費用は1年で100万円を超えますので、広告を出すべきかどうか悩みましたが、昨年まで掲出していた地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」の改札出口の広告(1枚)と比較すれば、2枚でも半額以下でしたので、思い切って掲出することとしました。

 

0570-078302(おなやみ ゼロに)

に掛けると総合法律相談センターにつながります。

ナビダイヤルですから架電件数が判明するので、この広告をみて電話された方の数を把握することができます(広告の効果が歴然とするので・・・)。

 

 

 

ところで、地下鉄ホームに広告を出すためには、大阪市交通局の許可を要します。

 

上記写真の広告は問題なかったのですが、もう1枚は交通局の許可が下りず、掲出できませんでした。下記写真は、いわば第2候補のコピーです。

 

第1候補のキャッチコピーは、他の機会に使うつもりです。

 

 

「離婚に不安を感じたら、一度弁護士にご相談ください」という受けコピーも、実は第2候補です。第1候補のコピーは交通局に許可していただけませんでした。

 

「弁護士は離婚の専門家です。一度、弁護士にご相談ください。」

 

というコピーにしたかったのですが、

 

「離婚のみを扱っている弁護士はいないはずだ。」

 

という理由で許可してもらえませんでした。

 

広報室としては不合理だと思いましたが、みなさんいかがでしょう?

 

今回の広告看板について、忌憚のないご意見を広報室に賜れば幸いです。

 

 

新しいコメントの投稿

このフィールドの内容は非公開にされ、公表されることはありません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd> <span> <p> <br> <img> <iframe> <object>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

書式オプションに関するより詳しい情報...

CAPTCHA
自動入力による荒らしやスパムを防止するための質問です。
イメージ CAPTCHA
画像に表示されている文字を入力して下さい。

コメントは事務局による承認の後に掲載されます。

最近のコメント

«  
  »
 
 
 
 
1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
 
 
 

アーカイヴ

リンク

大阪弁護士会 総合法律相談センター
rss2.gif