昨年8月に独立開業し、1年がたちました。

独立前との違いは何と言っても、仕事のペースを自分でコントロールできるようになったことです。

週末はできるだけ仕事をせず、2歳になる娘と過ごす時間に充てています。

 

先日は、おかあさんといっしょスペシャルステージ2017in大阪に行ってきました。

しかも、ダブルヘッダーで。

 

午前、お昼過ぎ、夕方と3公演あるうち、私が行ったのは午前と夕方の2公演です。チケットの倍率が高い公演ですし、1日2公演観る猛者はそういないと思います。しかも、2公演ともスタンド席ではなく舞台に近いアリーナ席です。

 

別に私があつこお姉さんの熱烈なファンというわけではなく、諸般の事情により、1回目は1歳になる姪っ子を、2回目は娘を連れてのダブルヘッダーとなったのでした。

 

幼児向けと侮るなかれ、1時間公演で全24曲を歌い切ります。

 

ゆういちろうお兄さんの甘いマスク、

あつこお姉さんのキュートな仕草、

そして、

だいすけお兄さん扮するかぞえてんぐが登場した瞬間の、沸き立つ会場の熱気。

 

だいすけお兄さんの「ここにいるよ」を聴くころにはもう、私もすっかりだいすけワールドの虜です。

 

  「ここにいるよ」(抜粋)

    さみしいと いったら

    おひさまが わらってくれた

 

    かなしいといったら

    はっぱのてがみがとどいたよ

 

    ひとりじゃないんだね

    ……

    ぼくは ここにいるよ

    ……

    いつもいるよ

    きみのそばにいるよ

 

これだけの人の心を動かせるなんで、さぞかし気持ちいいだろうなぁ。

「おかあさんといっしょ」というコンテンツは、まさに「おかあさん」の支持によって成り立っているのだと、素直に感心しました。

 

「だいすけロス」を実感。

 

他方で、子供たちには1時間はやや長いようで、最後の15分間、姪っ子は膝の上で寝てしまい、娘もみょーんとのびきっていました。

 

だいすけお兄さんには敵いませんが、私も一弁護士として、目の前の依頼者の心を動かせる存在でありたいなと、改めて思った一日でした。

おかあさんといっしょ

闘うための休息というのでしょうか、非常に素晴らしい時間を過ごしておられると思いました。決して侮ってはおらず、長く支持されるものには支持されるだけの理由があって、親子の心をつかんで離さない魅力があると思います。
それも非常にシンプルなアプローチで。
何よりもすごいのは、子どもの頃に見たものが今でも頭と心に残っている。いつまでも素晴らしいのです!

新しいコメントの投稿

このフィールドの内容は非公開にされ、公表されることはありません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd> <span> <p> <br> <img> <iframe> <object>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

書式オプションに関するより詳しい情報...

CAPTCHA
自動入力による荒らしやスパムを防止するための質問です。
イメージ CAPTCHA
画像に表示されている文字を入力して下さい。

コメントは事務局による承認の後に掲載されます。

最近のコメント

«  
  »
 
 
 
 
 
 
1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 

アーカイヴ

リンク

大阪弁護士会 総合法律相談センター
rss2.gif