2017年12月13日 (水)

再犯

 薬物犯罪や病的盗癖でなくても、犯罪を繰り返す人はいる。
裁判の時には、「もう二度と犯罪はしません。」と約束する。「裁判だから、わざと感じいい風に言った」と言われればそれまでだが、その言葉は、その時の気持ちとしては偽りではないのだろう。裁判のときは、真摯に反省しているはずである。しかし果たして、その言葉を信じることができるだろうか。時とともに、反省の気持ちは麻痺し、薄らいでいくのもまた、事実である。彼の信念が試される。

 

昔々、銀河系のはるか彼方で・・・
銀河共和国は軍隊を持たず、徳を積んだ少数のジェダイが平和を維持していた。しかし、元老院議員のパルパティーンは裏で敵軍を支援して戦争の危機感を煽り、人民を誘導して最高議長に就任する。彼は軍備を増強し、反乱の嫌疑をかけてジェダイを抹殺、帝国の皇帝として君臨した。

 

 人類はこれまで、何度も同じ過ちを繰り返してきた。一人の「英雄」と思えた人物に権力を与えてしまい、その独裁者は思想・言論を統制し、戦争をし、そしてその後に人々は過ちに気づき、反省する。
勝れて民主的だと言われたワイマール憲法によって選出され、これを「全権委任法」によって踏みにじったヒトラーも、人民の政府を勝ち取ったはずのソビエトで、「テロ組織とテロ行為」なる法律を作り粛清をしたスターリンも、人民が権力を与えたのだ。

 

 日本は敗戦し、「もう二度と戦争はしません。」と約束した。「GHQに言わされた」と言われればそれまでだが、その言葉は、その時の気持ちとしては偽りではなかったのだろう。戦後のときは、真摯に反省していたはずである。しかし果たして、その言葉を信じることができるだろうか。時とともに、反省の気持ちは麻痺し、薄らいでいくのもまた、事実である。我々の信念が試されている。

 

「その時の気持ちとしては偽りではなかったのだろう」はまさに

「その時の気持ちとしては偽りではなかったのだろう」はまさにその通りで、あらゆる事象にあてはまることだと思います。意志を強く持たなければならない、改めてそう思いました。

新しいコメントの投稿

このフィールドの内容は非公開にされ、公表されることはありません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd> <span> <p> <br> <img> <iframe> <object>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

書式オプションに関するより詳しい情報...

CAPTCHA
自動入力による荒らしやスパムを防止するための質問です。
イメージ CAPTCHA
画像に表示されている文字を入力して下さい。

コメントは事務局による承認の後に掲載されます。

«  
  »
 
1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 
 
 
 

アーカイヴ

リンク

大阪弁護士会 総合法律相談センター
rss2.gif