2月9日(土)午後1時から,大阪弁護士会館2階ホールで,

「決定!! 取調べの可視化川柳大賞!! ~市民の皆さんと考える,取調べの在り方~」

http://www.osakaben.or.jp/web/event/2013/130209.pdf

が開かれます。

応募総数1388首!! 全国300万人?の川柳ファンから寄せられた川柳から,NHKドラマでもおなじみ,落語家・桂吉弥さんらが厳選した入賞作が発表されます。桂吉弥さんのおもろい審査評もたっぷりと。

さらに,時事ネタを得意とする社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」による取調べネタのコントライブまである盛りだくさんの内容で,入場無料,事前申込み不要。

 さて,栄えある大賞作品は・・・

 

 

 

あいつの尋問の日が迫ってきた。

私を「一緒に罪を犯した犯人」と名指しして,共犯に引きずり込んだあいつの嘘を,法廷で暴かなあかん。

あいつの証言は,この証拠とも,友人の証言とも矛盾する…

法廷で矛盾を指摘すれば,あいつはしどろもどろになるはず。

そんなヤツの言うことなんか,裁判官は信用できるわけがない。

私が犯人,というあいつの証言の信用性が崩れるんや。

そうしたら…

弁護士さん,頼むで。

 

「検察庁の者です。あなたと弁護人の打合せメモを押収して捜査資料にします」

ちょっと待て!!

そんなもん検察官に読まれたら,あいつの嘘を暴く俺の作戦が筒抜けやないか!!

あいつはきっと,検察官と打合せして,私や弁護士さんの追及をかわす言い訳を準備する。

先に手の内を全部知られた私が,どうやってあいつの嘘を暴けるんや…

私は,あいつの嘘のせいで,犯人にされてしまうんか。

2012年3月28日 (水)

『それボク』!!!

 

2012年4月5日午後3時,皆さんもご存知の周防正行さんの監督・脚本作品

「それでもボクはやってない」

の特別上映会を行います。

http://www.osakaben.or.jp/web/event/2012/120405.pdf

 

満員電車で痴漢の疑いをかけられ,逮捕されてしまった金子徹平(演:加瀬亮)。

必死で無実を訴えるものの,警察官,検察官,そして裁判官は…。

冤罪を訴える実際の痴漢事件をいくつも取材した周防監督が,我が国の刑事司法に対するメッセージを込めた名作です。

 

無料です!!

2012年1月31日 (火)

話術の妙

 

先日の夜,和解書を書いていると,大学時代の友人から電話がありました。

「今,淀屋橋にいるんだけど…」

???

都内在住・在勤の彼が,なぜ平日の夜9時半に淀屋橋に?

…って,出張だっただけなんですが。

 

ともあれ久々の再会,連れ立って北新地に繰り出しました。

向かったのは,やはり大学時代の別の友人がマジックショーをやっているバーです。

当時から,講義の合間に(時には講義中にも)テーブルマジックをいろいろ披露してくれる彼ではあったのですが…

 

やっぱり,プロのマジシャンはすごいですね。

しかも,ライブは,テレビで見るのに比べて面白さが150%アップ。

2011年11月18日 (金)

世間は狭い

先日、府内某所で食事をしていたときのこと。

初めて来たお店なのに、働いている方に見覚えがある。

でも、お名前は思い出せない。

誰やったかな、どこでお会いしたかな…

最近、こういうど忘れがよくあります。

よくありすぎて、ときどきヘコみます。

 

しばし悩んだ末、同伴者が話しかけて、ようやく判明しました。

私が過去に担当した裁判で、裁判員を務めておられた方でした。

お名前が思い出せないのも当然です。

法廷では、あくまで「裁判員◯番さん」で、そもそもお名前知らないですから。

それにしても、まさかこんなところで再会するとは。

先方は気づいておられなかったようで、お互いびっくりです。

最近のコメント

«  
  »
 
 
 
 
 
 
1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
13
 
14
 
15
 
16
 
17
 
18
 
19
 
20
 
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 

アーカイヴ

リンク

大阪弁護士会 総合法律相談センター
rss2.gif