イベントのお知らせ

シンポジウム 「デジタル・エコノミーの進展と競争政策」~IoT、データ、プラットフォーム・ビジネスと法~を開催します

日 時 平成30年3月30日(金) 午後1時~午後5時30分
会 場 大阪弁護士会館 2階ホール
(大阪市北区西天満1-12-5) 地図
概要 ビッグデータの活用や人工知能(AI)やIoTの開発・普及により次々にイノベーションが生み出される中で、事業を行う上で基盤となる技術を有する等、強い地位をもつ者が競争のあり方を歪めたり、不公正な取引条件を課したりすることが懸念されています。この中で、なかでも、巨大化するプラットフォーマーや標準必須特許(標準化された技術を実施する際に必要な特許)の保有者、自らは利用する意思も無いのに特許を保有し特許侵害を訴えることで多額の賠償金等の獲得を目指す者(パテントトロール等)の行動に注目が集まっています。
 本シンポジウムでは、国内外の動きを踏まえて、デジタル・エコノミーが進展する中で、企業がどのような競争環境におかれているか、そして独占禁止法(競争法)と競争政策はどのような役割を果たすのかを議論します。
【主催】公正取引委員会競争政策研究センター
【共催】大阪弁護士会、関西経済連合会、大阪商工会議所、(一社)電子情報技術産業協会関西支部、神戸大学(※)
※ 日本学術振興会・科学研究費補助金・基盤研究(A)
「プラットフォームとイノベーションをめぐる新たな競争政策の構築」の支援を受けています。
【申込方法等】詳細は公正取引委員会ホームページをご参照ください。
http://www.jftc.go.jp/cprc/koukai/sympo/2018notice.html
ページトップへ